ゲーム

JUDGE EYES 死神の遺言 クリアしたのでエンディングネタバレ解説

どうもゴリエよ!!

今回は12月13日美発売されたJUDGE EYES 死神の遺言のエンディングのネタバレと解説をしていきたいと思います!

 

ごりえ
ごりえ
とにかく脚本に力が入っていてキムタク主演のドラマを見ているようだったわ!
ごりのすけ
ごりのすけ
喧嘩も強くて法律にも詳しいから相手を論破からのボコ殴りで超スカッとするぜ!! 
ノムオ
ノムオ
僕も頭の中でよく嫌いな相手を論破する妄想をしています。

 

全部読むのはめんどくせぇ!!って方は下のリンクにざっくりまとめたネタバレがありますのでそちらをご覧ください

 

エンディングネタバレの前に当たっての予備知識

 

全ての始まりは3年前の大久保新平が起こした殺人事件

 

3年前の事件の内容

容疑者の大久保が先端創薬センターのリネン業者として施設に出入りしていた。しかしある日、大久保のトラックの中に認知症の老人の遺体が乗せられていた。

大久保は身に覚えの無い出来事に混乱するも正直に話したところで、過去に酒に酔って恋人に暴行を加えた前科があるので誰も自分の話を信じてくれないだろうと考える。そしてパニックになった大久保はその老人の遺体を山奥へ埋めてしまう。

この一件により大久保への疑いは一層ましたものの、殺害した証拠は無いとして当時弁護士だった八神の凄腕弁護により見事無罪となる。

しかし大久保の釈放後悲劇は起こった。

大久保はあろうことか自分の恋人の寺澤絵美酒に酔って殺した挙げ句に放火。

大久保は一貫して無実を主張しているが、言い逃れのできない証拠の数々に八神大久保を疑ってしまう。そして大久保には有罪が言い渡され死刑囚となってしまうのだった。

 

ごりえ
ごりえ
八神はこの事件をきっかけに弁護士をやめてしまうのよね
ごりのすけ
ごりのすけ
優秀すぎるあまりに殺人犯を世に放ってしまった男・・・

 

しかし3年前のこの事件には裏があったのです!!

 

まず大久保のトラックの中にあった老人の遺体

これはアドデック9と呼ばれる認知症治療の新薬の人体実験による被害者です。

アドデック9は実験マウスではその性能を大いに発揮しましたが、人体には有害でその患者を死に至らしめてしまうとの事。

アドデック9の研究課題はその人体に有害な毒素をどのようにして無害にするのかでした。この毒素に気づいたのも生野がアドデック9を老人に投与し殺してしまったのがきっかけでした。

ごりえ
ごりえ
生野は認知練に入所していた老人の方にアドデック9を打ち死に至らしめてしまった。そしてその遺体を大久保が乗ってきたトラックの積み荷に隠す。生野にとって大久保が遺体を山に捨てるのは嬉しい誤算だったのよね
ごりのすけ
ごりのすけ
犯行の疑いが一気に大久保に向いたわけだからな。しかし八神の弁護により大久保が無罪になったわけだから当然真犯人は別にいると考えられる

大久保が無実になったことにより疑いの目が自分に向く事を恐れた真犯人の生野大久保寺澤絵美の元に訪れ、寺澤絵美を殺害。その後眠っている大久保の静脈にアルコールを打ち酒に酔った犯行に仕立て上げた後、二人の住む住居に火を放った

恋人の寺澤絵美↑

 

 

真犯人の生野↓

これが3年前の大久保の殺人事件の真実。全てはアドデック9の人体実験の証拠を消すために大久保が濡れ衣を着せられたのだった。

 

そしてアドッデク9の人体実験は現在も続いている

それが神室町で度々発見されるヤクザの遺体。これはアドデック9の人体実験の被害者だったのである。

神室町眼球くり抜き殺人事件

ここ最近神室町では関西から来たヤクザが3か月の間で3人殺されておりいずれも死体からは両目の眼球がくりぬかれていた。くりぬかれた眼球は見つかっていない。抗争中の東城会の犯行ではないかといわれている。

ごりえ
ごりえ
生野はヤクザであれば人体実験に使っても遺体は抗争によるものだとカモフラージュできる他ヤクザの命なら奪っても良いと考えていたのよね・・・
ごりのすけ
ごりのすけ
でもヤクザという実験材料を調達する手段とは一体・・・

 

アドデック9に関する主要人物を紹介したいと思います

 

アドデック9研究の協力者

 

一ノ瀬 薫・・・厚生労働省の事務次官

こやつがアドデック9のための資金提供や隠蔽工作等を支持してアドデック9の利権を手にする為に裏で糸を引いていた黒幕の一人。

一ノ瀬はアドデック9の実験で死者が出てしまった事を生野達から聞かされていたが研究の続行を支持したのも彼。全ては金と地位の為・・・

 

木戸 隆介・・・生野が所属する先端創薬センター長

生野のアドデック9の研究成果を自分の名前を使って世の中に発表した後に、アドデック9は人体に有害で死者が出ている事を知らされる。ある意味被害者。センター長の彼は抜けられない立場になってしまいアドデック9の研究を黙認せざるおえない立場になってしまう。

 

森田邦康・・・東京地検の検事正

彼の母は認知症を患っており、その介護を彼の兄が引き受けていた。兄は仕事をやめ介護につきっきりだったが後に介護疲れから母親を殺害し兄は自殺してしまうという認知症に関する悲しい過去を持つ。彼にとってアドデック9の完成は家族の仇である認知症を消し去ることのできる希望の光であった。そんな歪んだ正義が誤った道へ進むこととなってしまう。

 

羽村恭平・・・松金組の若頭

 

一ノ瀬から大金と引き換えにアドデック9の人体実験に使うヤクザを調達するよう依頼されていた。ヤクザはモグラと手を組み調達していた。

 

黒岩 満・・・神室署の組織犯罪対策課の刑事

モグラの正体。昔は綾部と同じ汚職警官だったが先代の汚職警官がいなくなりその地位を受け継ぐ。それからというもの殺しも引き受ける何でも屋として裏社会で活動していた。

 

創薬センターが潰れたら特をする人物

 

ゼネコンの梶平会長

本来なら潰れる予定だった創薬センターの跡地再開発計画に1000億円を投資していたがアドデック9により計画が破綻。失った金を取り戻す為にアドデック9の粗探しを八神に依頼する。

 

アドデック9の真実に関する一連の流れ

 

生野がアドデック9を認知症患者で試し患者は死亡。その濡れ衣を大久保新平へ着せる。

その後生野はアドデック9の論文を木戸へ手柄を譲る形で発表。それは閉鎖寸前の創薬センターの維持と木戸の金とコネを使ってアドデック9の研究をより発展させる為だった。

木戸は後に生野から実験で死人が出ている事を知らされる。自分の名前でアドデック9の論文を発表してしまった木戸はアドデック9から抜けられない立場へとなってしまう。

そして医療システム産業開発機構設立の中心人物の区政労働省のトップ一ノ瀬に全てを打ち明ける。(アドデック9を研究している創薬センターの設立に大きく携わったのが一ノ瀬

その頃医療システム産業開発機構は大した成果を挙げられてなく毎年かかる膨大な維持費は税金の無駄遣と世間から囁かれていた。するとセンター閉鎖が囁かれその跡地を前提とした再開発計画なんてものも出てきたが(その再開発計画に1000億を投資したのがゼネコンの梶平会長

このタイミングでアドデック9を発表することにより、センター閉鎖を逃れることになる。

アドデック9という奇跡の治療薬が完成すれば一ノ瀬の手柄は膨大なものとなる。そこで一ノ瀬はあらゆる手段を使ってアドデック9の研究に全面的に協力することにした。

一ノ瀬はやがて検察側にもアドデック9に関する情報が流れつくと考え事前に根回し。その対象となったのが過去に認知症で家族を失っている検事正の森田邦康だった。森田にアドデック9が完成するまで少しばかり目を瞑っててほしいと話を持ちかけアドデック9側に引き入れた。

一ノ瀬のバックアップを手にした生野は創薬センター内にアドデック9いついて嗅ぎ回る端木という研究員(創薬センターを潰したい梶平会長のスパイ)を羽村に殺すよう依頼する。依頼を受けた羽村端木モグラ(黒岩)を使って殺害。

羽村の仕事ぶりを見た生野らは人体実験に使うヤクザの拉致を羽村に依頼する。羽村は不審に思いながらも一ノ瀬らの莫大な権力を恐れ、ヤクザの拉致を実行。

生野は神室町に秘密の研究施設を作りそこで拉致されてきたヤクザを使ってアドデック9の人体実験を行っていた。そもそも創薬センターを潰そうと動いていたのがゼネコンの梶平会長でその手先が共礼会のヤクザ。そのヤクザを殺したところで胸は痛まないと生野は思っていた

そして共礼会のヤクザを立て続けに2回拉致したことにより共礼会のヤクザは警戒心から1人で街を歩かなくなった。

こうなるとさすがのモグラも1人で拉致することが難しい。そこで羽村と協力して共礼会ヤクザの久米を拉致して引き渡す。この件が第1章に登場した事件である。

そして八神らがモグラを嗅ぎ回っている最中に源田法律事務所の新谷がモグラの手によって殺されてしまう。新谷羽村の弁護を請け負った際に羽村から創薬センターの生野のことについて聞かされる。

羽村はやってもない殺しの罪で捕まるのはごめんだから少しばかりの保険を掛けたつもりだったとのこと。しかしあくまで最終手段であり羽村自身もしっかりと新谷に口止めをしていた。

しかし新谷生野宛に電話を掛けた。それは後輩の八神に負けたくない一心からであったと羽村は語る。

八神が追い求めているモグラの正体を自分が最初につかむことが八神に勝つ事を意味していた。だから生野宛に電話を掛けモグラの正体に近づこうとしたが一ノ瀬に悟られ結果としてモグラに殺されてしまう(新谷の殺しは綾部に濡れ衣が着せられる)

 

新谷のケータイから創薬センターの発信履歴を見つけた八神はやがて創薬センターのアドデック9と3年前の大久保の殺人事件との関連性を見つけて生野たちを追い詰めていく。

 

エンディングネタバレ

全ての真実を手にした八神たち

八神は3年ぶりに弁護士として法廷に立つことに。そして泉田検事とは森田検事正や一ノ瀬らの事実を共有することで仲間になる。

泉田検事は八神の指示通り一ノ瀬を裁判でアドデック9について医療システム産業開発機構のトップから説明してほしいと言いくるめる。

こうすることで一ノ瀬を法廷に引き釣りだすことに成功。今回の法廷劇も茶番に過ぎず八神たちにとってはあくまで元凶の一ノ瀬の悪事を暴くことである。こうすることで綾部警部や大久保新平のアドデック9に関する濡れ衣が剥がされ無罪が証明される。

そして法廷にて八神らが手にした証拠を突きつけ、羽村と木戸の証言により一ノ瀬を追い詰める。しかしモグラ(黒岩)の正体を明かしたところで一ノ瀬は部下にアイコンタクトを送り、黒岩を殺すよう命じる。

黒岩が死んでしまってはモグラの殺しを証明することができなくなってしまい、真相が永久に葬られてしまうことになる。

八神は続きの弁護を補佐人の星野くんに引き継ぎ、八神、海藤、東、杉浦と共に黒岩の元へ向かう。

一方黒岩はに一ノ瀬が支持した刺客が襲いかかるも、黒岩は冷徹に拳銃で撃ち抜いてみせる。八神たちは重傷をおった刺客から黒岩が裏切りに感づき創薬センターへ向かったと知らされる。

創薬センターには黒岩が部下の警官達に八神達を止めるよう支持して黒岩は生野のもとへ向かう。

海藤と東が体を張って警官を食い止めているうちに八神と杉浦は黒岩の元へ向かう。

黒岩は拳銃を発砲しながら目に付く人を撃ち捨てて進んでいく。その銃口は当然八神達にも向けられる。必死に銃弾を交わすも生野の肩、杉浦の脇腹に被弾

身動きの取れなくなった仲間を背に八神と黒岩の最終対決が始まる。

黒岩は生野とアドデック9を完成させる事で捕まるどころか世界中から感謝されると発言している。「まずはお前を実験台にしてやる」そう言って八神に襲いかかる黒岩。

一度は倒すも黒岩は自分の体に薬を注射しパワーアップを遂げて復活。

手負いの状態で2戦目を迎えることとなる(超強かった)

そして最終的に八神に倒された挙句海藤達が警官たちを引き連れて八神の元へ。

追い詰められた黒岩は生野を殺そうとするも警官達の一斉射撃であえなく撃沈

生野はそんな黒岩の前で完成したと言い張るアドデック9を自らに打ち人体への毒性が消えた事を証明しようとする。

アドデック9を打ち込んだ生野は絶命。生野の目はアドデック9の毒性から青色に染まっていた。

遺体から眼球がくりぬかれていたのは、アドデック9の毒素によって青くなった眼球が人体実験の物証となってしまうから生野自らが摘出していたとの事。

 

その後八神達の活躍により綾部警部、大久保新平は無実が認められる

杉浦と大久保の面会

 

ゼネコン梶原会長は大臣との癒着が問題視され警察のお世話に

 

星野くんとさおりさんはカップルに

 

そして八神は周りから弁護士に戻る事を進められるも探偵業を続けるとの事

 

ごりえ
ごりえ
なんか最後のキムタクの日常やりとりみてたら大好きなドラマの最終回みてるような気持ちになって少しさみしく感じたわ
ごりのすけ
ごりのすけ
とりあえずハッピーエンド!!