映画・ドラマ

バイオハザードヴェンデッタ 続編がありそうな終わり方!ストーリーネタバレ 解説

どうもゴリエよ!

 

今回はバイオハザードのCG映画バイオハザードヴェンデッタのストーリー解説を私なりに書いていきたいと思います。

 

ごりえ
ごりえ
時系列的には6と7の間らしいわよ!
ごりのすけ
ごりのすけ
クリス&レオンの共闘が胸熱だったな!おまけにレベッカも登場してて超豪華な出演陣だ!!

 

主な登場人物

 

レオンSケネディ

DSO所属(大統領直轄のエージェント組織)

DSOの任務にてある犯罪組織を追っていたが情報屋の裏切りにより多くの仲間を失う。

 

 

クリスレッド フィールド

BSAA所属 バイオテロと日々戦っている。グレン・アリアスを追う中で仲間を次々と失っていく。

 

 

レベッカ チェーンバス

BSAA所属 STARSから大学教授となり対バイオテロに関する研究を行なっている

 

 

グレン アリアス

武器商人。最近になり生物兵器にも手を出すようになりAウイルス(アニマリTウイルス)と呼ばれるウイルスを使ってニューヨークにてバイオテロを起こす。

アリアスは過去にロスイルミナドス教団、トライセル、ネオアンブレラなどとゲーム作品にも登場した大規模な組織とも武器商人として取引した経験もあるが、某国との取引の縺れで結婚式の途中に爆撃を受け参列していた友人、家族のほとんどが死亡してしまう。それ以来というもの復讐の鬼と化し新型ウイルスを使ったバイオテロを目論むように。

 

 

部下1マリア・ゴメス

アリアスの側近の部下。かつて爆撃を受けたアリアスの結婚式に参列しており爆破に巻き込まれた後アリアスとともに復讐を目論む。劇中では無口で感情は表に出さないが父のディエゴにはかすかに感情を見せる

 

部下2ディエゴ・ゴメス

アリアスの側近の部下。ディエゴもアリアスの結婚式に参列しており爆撃を受けた後遺症で声が出ない。ウイルスによって肉体改造を受けその体は4メートル以上の巨体となる。ミニガンなど重量武器を扱うアリアスに忠誠を尽くす

 

 

ストーリーザックリネタバレ

 

グレンアリアスの元へ潜入捜査へ向かったエージェントのキャシーとその息子ザックが消息不明になった。

クリスはエージェントの救出の為拠点の洋館へと乗り込むが返り討ちにあい救助対象のキャシー、ザックはウイルスに侵されゾンビと化していた。

アリアス「我々のウイルスは敵味方を判別することができる」

ゾンビたちはアリアスには目もくれずクリスへ襲いかかる。クリスたちは太刀打ちできず部隊は壊滅。生き残りはクリスだけとなる。

 

その4ヶ月後

 

シカゴ大学で教授を務めたりBSAAのアドバイザーとして活躍しているレベッカ。彼女は北米各地で引き起こされている謎のゾンビ化事件のワクチンの研究に取り掛かっており、試作品のワクチンが完成した直後アリアスによる妨害を受け、シカゴ大学でバイオテロが引き起こされる。

アリアスは自分たちの計画を邪魔するものは徹底的に排除する姿勢を見せる

レベッカは今回の騒動を巻き起こしたAウイルスがプラーガーとよく似た性質を持つことに気づき、かつてロスイルミナドス教団を壊滅させたレオンの力を借りる為クリスと共にレオンに声をかける。

そうこうしているうちにアリアスはニューヨークにAウイするを撒き散らし大規模バイオテロを巻き起こす。

そしてワクチンを開発したレベッカはアリアスの部下に誘拐され、強化Aウイルスを投与されてしまう。

クリス、レオンはバイオテロ鎮圧の為アリアスの潜伏先へ突入

レベッカの体には強化Aウイルスが投与されている。ウイルスの発症まで残された時間は20分

クリス、レオンはアリアスによる妨害をくぐり抜けクリスはアリアスと一騎打ち。ビルの屋上からアリアスを突き落とし事は片付いたかのように思えたが、アリアスの部下ディエゴがウイルスの力を解放しアリアスと融合。

アリエゴとなり再びクリスの前に姿を現す。(タイラントのような人型クリーチャー。弱点と思われる心臓は露出しており、爪は数十メートル伸ばすことができる。)

 

レオンも遅れてアリエゴ戦に加わる

クリス、レオンのタッグにてアリエゴを倒すことに成功

その後ワクチンを見つけ出しレベッカを治療。ニューヨークに飛行機でワクチンを散布しAウイルスによるバイオテロに終止符を打った。

しかしアリアスの部下マリアはまだ死んでいなかった。アリアスとディエゴが死んだことを確認する。その目は赤く光っており憎悪をたぎらせていた。

ごりえ
ごりえ
Aウイルス(アニマリティーウイルス)はロスイルミナドス教団の残党の協力の元完成した本作オリジナルのウイルスね!他のウイルスと違ってゾンビ化してもワクチンを打てばまた人間に戻ることができるという点が大きな特徴ね!
ごりのすけ
ごりのすけ
それ以外にも特殊な性質があるからこの後紹介していくぜ

 

Aウイルス(アニマリティーウイルス)

 

バイオハザード ヴェンデッタのオリジナルウイルス

Aウイルスには3種類あり

感染用の潜伏ウイルス

発症用のトリガーウイルス

治療用のワクチン

メカニズムとしては

潜伏ウイルスでウイルスに感染させる。映画では街の飲料水の供給源に混ぜていた。

次に発症用のトリガーウイルスでゾンビ化させる。トリガーウイルスは霧のような形状をしている。

そしてワクチンにて治療したものはAウイルスゾンビに襲われる事は無くなるとの事。アリアス達はワクチンを使用してゾンビ達に敵味方を判別させていた。

劇中でレベッカが開発した試用ワクチンは完全なものではなかったらしくゾンビ化を逃れることが出来ても敵味方を区別させる事は出来なかった。

 

アリエゴはAウイルスによる覚醒なのかはわからないがタ巨大な人型、大きな爪、露出した心臓とタイラントに似ている。

もしかするとTウイルスをベースに作られたウイルスなのかもしれない。

Aウイルスはプラーガの性質に似ている他Tウイルスと違いゾンビの肉体の損傷が少なく動きもTゾンビより俊敏さが残っている。またラジコンを操作したり表情を作ったりなど微かな知能を持ち合わせている。

 

ごりえ
ごりえ
私映画を見た後しばらくはアニマリTウイルスって勘違いしてたんだけどアニマリティーだったのね・・・
ごりのすけ
ごりのすけ
字幕なしの吹き替えで見てたら間違えるのも無理ないわなw

 

続編はあるのか??

 

アリアスの部下マリア・ゴメスが死んでおらず最後は憎しみのこもった鋭い眼光を向けていたが、今後の作品で彼女はどのように登場するのか?

タイトルにもあるヴェンデッタは復讐という意味がある

もしかするとこの復讐の文字はアリアスではなくマリアのことを表しているのかもしれない。

今後バイオ作品にどのように登場するのか楽しみなところだが、バイオハザードは伏線を放置してしまう癖があるので(4でウェスカーが接触した製薬会社S、6でシモンズのバックにいたファミリー、など)マリアも当分の間が出番はお預けかもしれない。

しかしこんな大胆に残した伏線なだけあって映画の続編、もしくはゲーム内で登場するのは間違いないと思われる。

かなり雑な予想だがバイオ7で登場したクリスの次回出演作に登場しマリアVSクリスの構図になったり?バイオハザード ヴェンデッタを絡めたストーリの作品となればレオンの出演も期待していいかもしれない??

ごりえ
ごりえ
クリスって顔変わりすぎじゃない??映画とバイオ7で見比べると別人よ?
ごりのすけ
ごりのすけ
バイオハザードも話が広がりすぎて新規ファンの難易度が上がってきてるな。バイオを知るならいまのうちだぞ!!

 

バイオハザードヴェンデッタを見るならU-NEXTがおすすめです。動画本数15万本ほどで私もこの前huluからU-NEXTに乗り換えました。アニメやアイドルのコンサートなどもありかなり充実してますよ!


 

以上ゴリエでした